Top
カテゴリ:はな リンパ腫( 24 )
Top▲ |
はなの治療。そして検査の結果。
昨日は本当に我が家がある所の空は雲ひとつない空でした。
あまりに清清しくて久しぶりにしばし空を眺めちゃいました。

昨日、朝はなを連れて病院に行きました。
彼女の副作用を調べるのが第一目的。そしてその結果いかんでその後の治療をするためにです。

お預けした時に治療から今日(昨日の事ですね)までの様子を書いたノートを先生にみてもらい、そして触診をしてもらった所、やはり先生からも「小さくなってる!」という言葉をもらいました。以前と違う腎臓の大きさは触っても明らかみたいでしたが、勿論検査はするわけです。

結局夜の8時にお迎えに行きました。

検査の結果としては、先生もかなり好感触の様子でした。

腎機能の数値として
BUN・・・58(9/18の検査では100)
CREA・・・3.3(同じく6.3)

とおよそ半分の数値に。そして、腎臓の大きさに関しては
9/17・・・右縦4cm右横6.3cm  左縦4.35cm左横6.0cm
9/21・・・右縦2.5cm右横4.7cm  左縦2.8cm左横4.5cm
とだいぶ小さくなっていました。9/17のデータよりその後彼女の腎臓は触ると大きくなっていた事を考えると治療の時点ではもっと数字的にも大きかったのではないかと思います。

そして、副作用に関しても白血球の数値が若干下がったものの殆ど副作用はないといっていいような状態でした。
WBC・・・14.2(9/18の検査では15.5)(5.0-18.9)

今回使ったのはビンクリスチンという抗がん剤だそうです。そして更に週に2日、飲み薬としてシクロフォフファミドという抗がん剤もプラスになりました。
これに関しては、今回はなをお迎えに行ったときに提案され夫と二人で考えて考えて悩んで悩んで試してみることにしました。

私と夫の気持ちは何度も先生に伝えてあります。苦しみだけの延命はしないと。

昨日、注射での抗がん剤を打ち、そして今日飲み薬の抗がん剤を使いました。
副作用があるとしたら2~3日後からだと聞きました。本当にどうかどうか、この副作用が出ませんように・・。はっちゃんから食欲を奪わないでくださいと祈る思いです。そして、飲み薬の方の抗がん剤には通常の?副作用以外に出血性膀胱炎がプラスされるようなので、トイレはしっかりチェックです。

昨日、家に戻ってから、自分からではなかったのですがご飯をしっかり食べてくれました。そして嘔吐や下痢もなく今日を迎えています。今日はシリンジでのご飯と自力でのご飯という感じでした。

ただ、この病気になってから自分でご飯を食べる時まるで歯軋りをするような音がするようになりました。先生はこの病気になるとそういう現象が何故かわからないけど出るというような事をおっしゃってました。なんでだろう・・?ちょっと、「え?」と思うくらい大きい音がします。

本当は嬉しいのに、でも今も怖くてどきどきです。怖いって表現があってるかわからないけど、でも怖いです。なっつは、5年位前に乳腺癌になりました。でもその時はリンパ節を全部切除という治療をして、今も転移もなく元気です。だけど、はなの場合はやっぱりその悪いものを全部取るというような治療は出来ないだけに、先が見えないような不安がちらりと顔をのぞかせます。

先生からは「リンパ腫の中でも腎リンパ腫は抗がん剤の反応(という言い方じゃなかったかもしれないけど)が今ひとつだから、どうかな・・・って思ったんだけど、はなちゃんはすごくよかったね。対処療法だけだったら、余命は2~3週間でしたものね。」と言われました。本当に、そうだよね。先の事を憂いてもしかたないものね。今はっちゃんが頑張った!だから数値がこんなに下がった!!!って両手をあげて喜んでもいいよね(^_^)

抗がん剤治療のお陰だというのも勿論そう、思っています。でも私も夫も絶対にそれだけじゃない、はなの自己治癒力を最大限に引き出してくれる手助けをしてくれた存在(パワー)が介在していると思っています。それは私とよっちゃんの真実として、そう感じています。

本当に検査結果が良かったこと、ばんざーーーい!です\(^o^)/嬉しい!

ご心配くださった皆様ありがとうございました。まだまだはなにはいろんなことが待っているかもしれませんが、でも今はただただ喜びたいです(*^_^*)

a0059555_21463059.jpg

携帯で。今日の昼間のはっちゃんです。
今我が家はリビングにお布団を敷いて寝ています。本当は毎朝片付けるつもりだったのですが、はながそこで寝るので、そのままにしちゃってます(^_^;)
まるで、「おとっつぁん、おかゆができたわよ・・・」「いつもすまないね・・」のコントの世界のような我が家です(^^ゞたはは。

家にいるときは私やよっちゃんの姿が見えないとものすごい声でわーわー鳴きます。なので、必ず側にいるようにすることにしました。そうじゃないと、落ち着いて眠らないのです(^_^;)(今はよっちゃんがいるのでパソコンに向かえました~。)

あ~・・・本当に辛い副作用がでませんように・・。出ませんように・・・・。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2007-09-22 21:49 | はな リンパ腫
今日のはな。
今日は暑かったですね(-_-;)

暑いと気持ちがダレダレになっちゃいます。

ここの所の日記、はなの事ばかり書いちゃってますが・・・。

2日前の夜中に吐いてしまってから、昨日・今日と一度も吐いてません。

口に入れるご飯も租借してゴクンと飲み込むという事をしなかった彼女が少しづつ『むにゃむにゃ・・・ごくん』とするようになりました。

そして、昨日もお水を自分から飲めるようになりました。飲む前にわーわー鳴いていたのが、それもぐっと減ってます。

そして今日。
朝ご飯はやっぱりまだシリンジからのご飯ではありましたが、別に本当に1~2グラムのホタテの貝柱のお刺身をすりつぶして口にぽんしてみました。
そのホタテを一回口から出しちゃったのですが、なんと自分からそれを再びペロンとなめてごくんしました!

数時間おきにご飯をあげているのですが、3回目位の時、何か食べたそうだったのではなの食べたい!の波を逃しちゃならないとばかりによっちゃんがシーバをはなにあげてみたところ、カリカリと食べ始めたのです。
(あんまり慌ててたので、床にばらまいちゃったのですが(^_^;))よっちゃんと二人で思わず顔を見合わせちゃいました。1週間ぶりに自力でご飯を食べてくれました。

量は少なくても自分から食べる事がこんなに嬉しいことだとは思いもしませんでした。

あまりに嬉しくて思わず動画まで撮っちゃう始末です(^^ゞ

その後のはっちゃんは、シリンジからじゃなく自分の意志でa/d缶7グラムを食べ、ホタテを2グラム食べ、みんな用に置いてあったカリカリを2~3粒食べ、そして、さっき鳥のささ身8グラム食べました。(時間はそれぞれあいていますが)

そして、それだけじゃなく毛づくろいもするようになり、抗がん治療直後もそれはやっていましたが、爪をとぎ、ソファにジャンプしています。
さっきはささみを用意しているよっちゃんの所まで、パソコンの椅子にジャンプ→机にジャンプ→キッチンカウンターまでジャンプして「まだ?まだ?」状態まで見せてくれたりして・・・。

んー。はっちゃん大丈夫なの・・?と嬉しさとどきどきがまぜこぜです。
よっちゃんと「嫌な例えだけど、亡くなる前にすっごく元気になるとかって言うけど・・はな、それとは違うよね・・・?贔屓目じゃなくてなんかそれとは違う感じだよね・・?」なんてつい話しちゃったりしちゃいました。

明日、再び検査があるのではっきりする訳ですが・・・。

でも、2日前に横になってもはっきりとぼこっと盛り上がっていた腎臓がどうも、そのぼこっの大きさが小さいような気がしてなりません。こればかりは素人+家族の愛情・願望たっぷりの目がそう思わせてるかもしれないと思うので、何とも結果前に書くのをためらっちゃいましたが・・・。でも二人で「違うよね。2日前と・・・?」と首を傾げてるというか、んんん?と思ってます。

決して楽観視をしている訳ではないのですが、でも本当に少なくても2日前のはなとは違うものを感じてます。

ある方からのメールで、「対応の早さが命のリンパ腫であんなにあっという間に検査結果が出たこと、だからこそ体力十分のうちに抗がん剤治療を始められた事・・・」と書いて下さったのを読み、「あ~・・・そういえば本当にそのとおりだ・・・」と思いました。
その時は何も思わなかったけれど、検査したその日に結果がわかり、そして普段病院にはストックしていないという抗がん剤も、取り寄せるはずだったのに本院(私が行っているのは分院です)に同じ治療をしている子がいたとわかりそこにストックがあったからこそ、次の日にすぐに治療が始められた事を思い出しました。

本当だったら、今やっと結果がわかっていたかもしれなかったのだな・・・。
そしたら、今日はっちゃんがご飯を自分から食べている姿を見られなかったかもしれないな・・・と考えたら本当にこの数日の流れがトントンときている事に心から感謝しました。

私の念願だった彼女が大好きな物を自分の口から食べるという事も叶いました。

よっちゃんが、しみじみ「はなは、幸せだね。いろんな人に心配してもらってね・・・。一人ひとりに会ってお礼を言うことは難しいけど、本当にお礼を伝えたいね」と言っていました。私も同じ気持ちです。

本当にありがとうございます。

私とよっちゃんだけじゃ、おろおろしちゃっていたかもしれません。
でも、経験者の方からのいろんなアドバイスや、私へのメッセージ、はっちゃんに温かい癒しのエネルギーを届けて下さる方、本当にどれだけ励みになり、助けられたかしれません。

明日気持ちをしっかりもって、どのような検査結果であってもきちんと受け止めたいと思います。たとえ、今日のはっちゃんの姿がぬか喜びだったとしても、でも今日のこの嬉しさと喜びは絶対絶対本当だったもの。絶対忘れない。はっちゃんもがんばって検査受けてきます。

a0059555_2316404.jpg

よっちゃん、はなに大好きとありがとうの気持ちを送ってる所(^^)vなんちゃって。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2007-09-20 23:17 | はな リンパ腫
抗がん治療をして。
今窓を開けていますが、風もなくなんともいえない感じの暑苦しさを感じます。

昨日半日入院と言う形ではなを病院に連れて行きました。
アナフィキラシーショックを防ぐ為の注射を打った後に、L-アスパラギナーゼというお薬(抗がん剤)と副腎皮質ステロイド(プレドンゾロン?)というお薬を注射をしたそうです。

その後、家に戻りキドナという腎疾患用の高栄養食をシリンジであげました。

が、4時間後全部未消化状態で戻してしまいそれから夜中2時位まで5回位嘔吐しちゃいました。

これについて、先生にこのような状態だけどご飯をあげていいのか?という事を今日電話で聞いたところ「この抗がん剤は本当にまだ前段階の軽いものだから副作用で・・・というよりも、腎臓の数値が悪いために気持ち悪くなったのだろう」という答えでした。

えー・・・そうだったのか・・。彼女はまだもっと強い抗がん剤を投与する方向を考えてるのか・・・という複雑な思いと共に、腎臓の数値があれだけ高いものね・・・ご飯食べるの大変中の大変なはずだよね・・と思いました。

「こちらも安心だからもし食べてもまた吐くようならば入院したほうがいいのでは」という事も言われました。

先生から量を少なくしてあげて、様子を見て・・・という事も言われたので昨日の量の半分。キドナではなく、a/d缶にしてみました。今の所嘔吐はないようなので、これを書いたらご飯あげてみます(^^)

治療の前に検査したはなの結果
BUN・・・100(9/16 48)
CREA・・・6.2(9/16 4.0)

どうも、リンパ腫が大暴れしてるみたいです(>_<)

そんな中、はなといえばご飯やお水は自分からは摂取しないものの、爪とぎで爪をぱりぱりととぎ、ソファめがけてジャンプ!したりするので一瞬「あれ?元気なのでは・・?」なーんて間違えちゃいます。(とはいえ、時折足元がふらついたりするし、毛づくろいもしてる様子がないので、やっぱり体調は良くないのだろうな・・・)

昨日は電話である方に、そして今朝はメールである方に「泣いてもいいんだよ♪」という言葉をもらいました。お電話を下さった方からは「目いっぱい泣いても24時間は泣けないですよ~。いっぱい泣いて「泣く時間がもったいない!」って思えたらしめたものじゃないですか♪」と言われ、メールを下さった方からは「泣くのが悪いとは限らない。瞬間瞬間の心のままに生きましょう」と書いていただき、目からポロリとうろこが落っこちました。

でも、我慢してるとじわわ~んと出てくる涙も「よーし!泣いちゃおう!」と思うとなかなかでないもので・・・(~o~)

結局昼間3分ほどわーん(T_T)と泣いたらすっきりしちゃいました。多分もっとしっかり?泣いたほうが良かったのかもしれないけど、でも何だか今はもう泣くのはいいや。って思ってます。(とか言ってまたわーんの波が来ないとも限らないですが・・)

本当に、今限りある時間と言うものを今まで以上に強く感じています。それは、はなのことをあきらめて・・・と、言う事では全然ないのですが。

だからこそ、ちょっとでも無駄にしたくないな。と思ってます。

先生からは今この状態は入院したほうが・・・的なことを言われてます。

選択を迫られるたびにふらふら、ぐじゃぐじゃ、自分の中のものを総動員して考えますが、でも、自分がこうしたい。と思う方向に進もうと決めました。とはいえそう思う自分の考えも不安で仕方なかったのだけど電話でぽんと後押ししてくれた方のお陰で「ですよね!!ふんふん(^v^)」と思えるようになったのですが。

はっちゃんも「よっちゃんの側にいたい」らしいですし(*^_^*)

医療従事者でない私たちが出来ることは先生たちにとっては心許ないでしょうし、もっとやれることがあるはずと思うかもしれませんが、でも治療を拒否するという事ではなく、それもお願いしつつ、でも絶対的に2人で彼女をサポートしていきたい。

よっちゃんも同じ考えでいてくれたので、良かったなぁと思ってます。今は1階がはなの
居場所になっているので、今日から本格的にお布団を下ろして一緒に寝ることにしました♪よっちゃんが交代制で・・という提案を出したのですがどうしようかなぁ。みんなでリビングでグーグー寝るのも面白いかもしれないしなぁ・・(*^m^*)

実はつい30分ほど前はっちゃん、自らお水を飲みました!しかも今迄で一番長く!
水道から直接方式は彼女は見向きもしなかったので、専用の洗面器にお水をなみなみ入れて、最初に手で犬歯あたりにお水をちょんとした後、お水に手を入れてパチャパチャ音を立てて水面を揺らすというのを編み出して?みました。
んー。これがヒットなのか?とにかく、とにかく良かったです。脱脂綿で口を湿らされるよりずっとずっといいよね、はっちゃん(^^)

a0059555_1642652.jpg

[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2007-09-19 16:04 | はな リンパ腫
ちょっとだけお休みします(^_^.)
今日は久しぶりに暑い一日でしたね~(~_~;)

自営業の我が家は3連休だ~!という感じは今ひとつながら、でも世間は3連休なのですね♪お休みの皆様、いっぱい楽しい時間をお過ごしください(*^_^*)

タイトルにも書いたのですが、1週間ほどブログお休みします。
なんちゃって、今までもちょっとおさぼりしちゃったりしていた私ではありますが・・・。

こっぺは、ちょこまかではありますがご飯を食べてくれて、輸液も本当に協力的で彼に何かがあってブログをお休みするというわけではありません。

実は今はなが入院しています。
何日か前から食欲が落ちていました。最初は「?」だったのですがやっぱり明らかに食べなくなったので病院に連れて行くと、こっぺより腎臓の数値が悪い状態でした。
9/13
BUN・・・65(16-36)
CREA・・・5.1(0.8-2.4)
9/15
BUN・・・48
CREA・・・4.0
(点滴してるので少し下がってくれました(^^)v)

彼女をこっぺのように毎日病院に連れて行くというのは必要以上のストレスをかけてしまうという判断で13日から入院という形をとり、静脈点滴をしています。

本当は今日一旦我が家に戻ってくるはずだったのですが、迎えに行ったつもりで病院に行ったところ、彼女の腎臓に影が見えるという話を聞くことになりました。

どうも腎臓肥大を感じた先生が念のためにとエコーをしたらそんな影が見つかったようです。考えられることは「リンパ腫」だと言われ、確定診断をするためにも組織を取り、検査したいという事でした。

その検査をするためもう一日入院を伸ばしました。彼女の負担を考えたらそれが一番だという私とよっちゃんの判断です。

病院の中でのはなは、思いのほかリラックス状態のようです。目の上のたんこぶ(誰とはちょっといえないけれど)がないからだろうね・・・。それならそれで良かったな・・。という気持ちです。

この数日の腎臓の状態の変化が早いというような事も言われましたが、それ自体、はなの命にどのくらいの影響があるのかは見当がつかないです。

もしかして・・・の状況での話しではちょっとつかみづらいこともあるのでいずれにしても腫瘍の検査結果を待ってから今後の事については話し合うという事で先ほど家に戻りました。

悲観的すぎる気持ちでもないですが、でもやっぱり今は前向き前向き!!という心持ちにはちょっとなれなくて・・・。

でも、泣き虫だけどこっぺの時から絶対病院では涙を流さない!と決心したので心の中は動揺しまくりでしたがぐぐぐっ!と涙をひっこめました(^-^)偉いぞ自分!(あら・・?これって自画自賛?)

はなの事を考えると自責の念や、さまざまな思いがぐるぐるしちゃいます。

と、そんな訳で結果が出るまでの間、ちょっとだけお休みさせてください。

皆様の最愛の動物さんたちも幸せでありますように・・・。
なんだかここ数日はちょっとくら~い話題ばかりで・・・ごめんなさい。

a0059555_22332688.jpg

[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2007-09-15 22:33 | はな リンパ腫
| ページトップ |
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析