Top
鍼灸8回目
昨日の風花の治療

・鍼
・水鍼
・電気鍼
・温熱

昨日で2週間。最初に2週間やらせて欲しいと院長から言われた日が昨日で一応終わりです。今後どうするか?という事でお話しをしました。

どうしても目に見えて「これはすごい!」という変化が私達が実感していない事を押しつける訳にはいかないと院長も後は私達に治療をどのように続けるかはお任せしますとの事でした。ただ、院長ご自身は最初の鍼から昨日まで神経の反応が少しずつはっきりと変化があるという事は仰っていました。私もよっちゃんもその話を聞くと今ここでやめるのはやっぱりもったいないのでは・・?と今後も週に2回治療を続けて欲しい旨をお伝えしました。

やっぱり毎月結構な金額になるこの鍼治療を続けるにあたってよっちゃんが率先して「風花にきっといいことだと思うので、やってください」と言ってくれたことは本当に何より何より感謝でした。

私もよっちゃんも、普段足の屈伸やマッサージはしているものの神経やツボに刺激を与えることは出来ていません。だからどれだけ神経の変化があるかというのはわかりずらかったのですが、デモンストレーションとして?風花にこんな風にしているという様子を見せて頂き、かなり反応をしているのを初めて確認することが出来ました。院長曰く、風花はかなり落ち着きがない子のようで・・(^^;)大人しくじーっとしている子は鍼を打ちやすい(のは当然ですね)ようなのですが、どうも風花は真逆の子みたいです・・。

普段の変化を2人で思いだしてみると。

・圧迫排尿時に、しっぽをゆらすような様子を見せる(おしっこがあたらないように自分でしっぽをどかすというのでしょうか?でも実際は安定が悪い中でやっているのでおしっこにあたってしまう事も多々ありですが)

・うんちが出た後、べろんと直腸がひっくり返って表に出ていたのが今はあまりそれが顕著ではなくなったこと。(以前は真っ赤な腸が結構出ていたのでそれを肛門内に押し込んでいましたがそれが大分減った?)

・猫ベッドに寝ていてそこから出るときに、腰を浮かせて立ち上がるような様子で出ようとしていること(これは、以前から立ち上がろうとする(子馬の誕生のような仕草)事はありましたが、それは平地での事でした。段差に対して最近はやっているのを見受けられます)

とはいえ、どれも劇的に!とか、明らかに!!!ではありません。そういえば・・?的な感じばかりなのですが、それでも最初の頃よりは違いはありますね。今は尻尾も縦にパタンと振っているように見えることも何度もありますし♪

かかりつけの先生にお借りしたツボの本を読んでいたので、院長がお話しするツボの事も多少頭に入りました。これからは足のストレッチに加えて、ツボ刺激と、ビワの葉のお灸を自宅でしようと思います。

a0059555_10541412.jpg

昨日購入した動物用のお灸です(^^)今日からやってみます♪

a0059555_10545695.jpg

お灸は初めての風花。どうなることでしょう??

あくまでも院長がお話しするご自分のお気持ちではありますが、風花の足さえ曲がれば行ける気がすると仰っていたのを聞いて、本当にそうだなぁと思いました。本当に足さえ曲がれば・・・なんですが、それが一番風花にとって難しいというか、難儀なことなんですものね。でも、手術は本当に芸術的で、残っている神経も白い(というのが隠語?だと仰ってました。良いという意味?反対が黒いという事らしいです)から可能性はあると言って下さったことは何よりの励みになりました。

自分の思いや願いとは別にどうしてもいろんな話しが耳に入り無駄な事をしているのか?でも諦めるのは早いし・・・と逡巡する事もあります。そんな私なので、こうして自分がやってみたいことを自分で選び取ってそれを信じてやっていくしかないなぁと改めて感じてます。いろいろな事やものに振り回されないよう、自分のやりたい!やってみたい!を信じて。

そう言えば、病院でいつも鍼治療をする際に使う手作りのハンモック的な物を拝見しました。これを我が家でも作ってみたい!!と思っています(^^)何だかこれはいい!とピンと来ちゃいました( ̄m ̄)上手くできたらまたここでお披露目しようと思います♪
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2009-06-16 11:06 | 風花 下半身麻痺・リハビリ
<< 風花のお気に入りの場所(^^;) | ページトップ | あっという間。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析