Top
風花に会いに来て下さいました。
今日は、以前一時預かりと里親さん探しをしてご縁が出来たKさんがわざわざ風花のお見舞いに来て下さいました(●^▽^●)

その前に、先生がいらっしゃったのですが、嬉しい事が!かかとを曲げ伸ばしするだけじゃなくその上の方もゆっくり優しく曲げ伸ばしをするリハビリを教えて下さった時に風花の足の神経がぴくぴくと動きました♪

3日前に、先生に診て頂いた時はかちかちに硬直していた人間で言うとふくらはぎの部分(かな?)の筋肉が、リハビリをしているからか今日は「とっても柔らかくなってる!」と褒められ?ました♪そして、↓の記事でも書いたピン押さえベルト・・・( ̄m ̄)先生に「見て見て〜♪レースバージョンとハートバージョンなんですよ〜(^▽^)」と見て頂いたのですがすっごく可愛いと褒められました(●´ω`●)ゞ先生、お裁縫は大の苦手だと仰る方なのであのへぼへぼの縫い目のベルトでも褒めて下さる訳なのですが、いい気になって「ですよね〜♪可愛いですよね〜♪」なんて言って見ちゃったりして。

昨日は、風花を手術して下さった先生がこちらの方の大学での手術日だったそうでその手術にかかりつけの先生も参加なさったそうです。神経の専門の先生もいらしたそうで、そこで風花の現状をお話しした所とても良い状態だね♪と喜んでいらっしゃったと伺いました。普段は我が家から遠い病院で診察なさっている先生なので、ひょいっとはご挨拶に伺えませんが必ず風花の吉報を携えて会いに伺いたい!と密かに?野望を持っています( ̄m ̄)

日毎、小さな小さな変化ではありますがそれを発見?しては喜んでます。でもあまりに気負いすぎてると風花にいらぬプレッシャーをかけちゃうかも知れないので、一日、一日を大事にしたいなぁと思っています。

骨が落ち着くまであと2〜3週間はやはりキャリーの中にいたほうが良いとの事でまだまだ狭い所での生活が続きます。とはいえ、ひねる動作をして欲しくないだけというお話しなので目を離さないのであれば、キャリーから出してラグなどの場所に移動させてもそれは問題はないとの事。

つい先ほど、キャリーの上を開けていたらここ乃が来て風花のお顔をペロペロしたあと後ろにまわって、尻尾の付け根と尻尾を一生懸命舐めてくれました。ここ乃の舌の刺激が風花に伝わるといいな・・。ここちゃん、本当にありがとうね。

a0059555_093228.jpg

a0059555_094588.jpg

上の写真が、一時預かりをしていたさーちゃん(●^▽^●)麦わら色をした愛らしい猫さんです。そして、下のお写真がその後家族になったアメちゃん。スレンダー美人さんです。

風花を沢山撫でて下さり、足の反応があることを喜んで下さったKさん。本当にありがとうございました。来て下さって本当に嬉しかったです(^▽^)

a0059555_0132961.jpg

よっちゃんの腕にくっついて眠る風花♪
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2009-05-03 00:14 | 風花 下半身麻痺・リハビリ
<< 風花に会いに来て下さいました。その2 | ページトップ | ちょっとでも可愛く?( ̄▽ ̄;) >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析