Top
ちょっとでも可愛く?( ̄▽ ̄;)
今日は、よっちゃんに風花を半日お願いして頼まれている仕事をするために留守にしました。
風花が戻ってきてから初めての5時間以上の外出。とはいえ、私は未だ風花のおしっこもちゃんと出来ない始末(;_;)なので、よっちゃんがいてくれれば問題はないのですね〜。

あまり、心配しすぎてもと思いつつおしっこ以外のお水やご飯のタイミングがよっちゃんにわかるかなぁ〜・・・とどうしても気になったりして。風花は一回に食べる量が少しなので何回かにわけて様子を見ながらご飯をあげています。その後30分から1時間後にお水飲みたいサインが出る気がするのでそれを見て欲しいとお願いしました。一応退院からご飯、お水、おしっこの時間を全部記録しているので、それを見てくれればなんとなくわかるかな。

ここ数日の風花と言えば、先日も書いたと思うのですがおしっこ時に起き上がったり、ずりずり動こうとしたり、はたまたキャーキャー言ったりします。先生に伝えるとやっぱり少し神経が戻ってきているかも。と仰っていました。それと同時に彼女の足の付け根辺りもそれまでは触っても何も変化がなかったのに、皮膚がビクビクッとしたり触っている私達の手を気にして振り向いたりするようにもなっています。

今は、足の屈伸のようなリハビリをしています。インターネットを見ると犬さんにはハイドロセラピーというリハビリ?方法もあるんですね。猫はやっぱり難しいのかな・・?温めた方が足の筋肉も動きやすいかな?と温泉とかどうだろう?なんてあれこれ探していますが、なかなか猫さんの・・って見つからないですね。それとも見落としてるのかな〜。

この所、正直ちょっと焦りが出てしまったりして反省です。今は幸い連休中なのでよっちゃんも家にいるように仕事を調節してくれていますが、それが終わるとやっぱりそうそう家にばかりはいられないですし、それまでになんとか一人でも風花のおしっこをちゃんと出せるようにしたいと思って。1日3〜4回、この数日でも何十回とおしっこを出してるのに最後まで出し切ったことは一度もないのは勿論、ほとんどちょろちょろ程度のおしっこが3回位しか出来ていません(;_;)不器用で弱気な自分がほんとに憎いです〜(-"-;)自分に喝!です。

これは、まだはっきりとはわからないのですが風花がちょっと落ち着きなく起き上がったりするとおしっこを出したいサインなのでは?と思う事が何度かありました。まったくのたまたまなのかもしれないので、要観察。と思っているのですが、もしや?おしっこかな?と絞ると大量に出たりしたものですから。

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

タイトルの意味ですが( ̄m ̄)

以前から固定したピンが盛り上がってきていて、どうしたものかと心配していました。しっかり固定はして下さったのですが、どうしても猫は体が柔らかくてしかも上半身は以前と変わらずなので体をひねる動作をしちゃいます。とうとう先端が赤くなってきてこのままだと本当に皮膚を突き破ってしまいかねない!!という所まで来てしまいました。
かかりつけの先生が、少し中に入れ込んで下さったのですが動いちゃえば元の木阿弥です。

ストレスがなるべく少ないように、でもそのピンを押さえておくには?と考えかかりつけの先生のアイディアを頂き早速作ってみたのがこちらです(●´ω`●)ゞ
a0059555_2040264.jpg

幅広のゴムで内側はフェルトとオーガニックコットンでカバーした、「ピン押さえベルト」です。
これは、作品第2号。1号はただのゴムじゃ可愛くないとレースをつけたのですが( ̄▽ ̄;)風花がレースに対して反発心?を持ってギリギリと噛んでしまうので2号を作りました(●´ω`●)ゞでも、しつこく今度はハートを縫い付けてみました。ピンを押さえるのにハートは全く関係ありませんが( ̄m ̄)一応、よっちゃんと風花と私の心のイメージであります。ははは。


a0059555_20435372.jpg

このお陰で、ピンが体の中に大分収まってくれています!大成功です!!!苦しくない程度に、でもゴムの伸縮する力でピンを押さえられるようにと調節しつつつけてもらっています。時々「なにこれ!うっとうしい!」と風花の攻撃にあうので、ゴムの切り口部分をカバーしていたのにそれもなくなりボロボロしてきちゃいました。第3号も作らなきゃ駄目かな・・・(^^;)
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2009-05-02 20:46 | 風花 下半身麻痺・リハビリ
<< 風花に会いに来て下さいました。 | ページトップ | お腹目撃♪ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析