Top
またまた風花。
この所、風花の話ばかりですみません・・・。

昨日の夜におしっこしぼりを私がやる!とやってみましたが、おしっこが出ません(;_;)そのうち風花も「きゃーきゃー」言い出してしまい夜ではありましたが先生に連絡してご相談しました。

多分、膀胱の場所じゃない所を触っていたのだろうという結論になりました。

その後も夜寝る前と朝試してみましたが、どうしても出ません。先ほど先生が来て下さり再度膀胱の場所と、膀胱を確認、そして絞るやり方を教わりました。

どうも、ピンポン球みたいにぷりっとしている雰囲気は感じ取れたもののうまく絞れません〜。やり方が良くないと膀胱がつるりと指から逃げてしまいます。よっちゃんもまだ在宅していたので彼が試した所、これまた上手い具合にしぼれるんですよ〜( ̄‥ ̄)=3くやしいです!

コツと慣れだと先生は仰っていましたが、おっかなびっくりの弱気+不器用な私なのでこれは本当に練習(というのはおかしいですが)あるのみですね。

風花の場合は、膀胱をお尻に向かって少ししごくようなイメージで押し出すとおしっこが出てきます。これも猫さんによって様々だそうで、ぎゅーっ!としないとでない子や、しごいてはでない子などいろいろなパターンがあると伺いました。早く魔法の指になってばしっとおしっこを出せるようになりたいです!!

かかりつけの先生も1週間は毎日来て下さるそうです。有難い事です(;_;)そして先ほど手術していただいた病院の方からもお電話がありました。食欲はあることを伝えると喜んで下さいました。

ずっと寝ているばかりでは風花も嫌なのでしょう。時折猫座りみたいな格好になります。(お尻を落として両手をそろえてる姿)足がまっすぐのままなので両手の間?に両足がびょーんと飛び出している感じです(●´ω`●)ゞ背骨がまっすぐであればそれも多少はいいでしょう・・・との事でしたが、やはりあまり動くと手術時に固定のため取り付けたピンが外れてしまうこともあるそうで!手でぐーっとしても外れないくらいしっかりと固定されているとは伺っていますが、でも変な風に動くと(ここからちょっとぎょっとする話ですが・・)背中の皮膚を突き破って出ちゃうこともあるそうです(@_@;)ぞぞぞ!これは絶対に絶対に避けなくてはいけないです。

なので・・・なるべく1週間は辛いだろうけど大人しくして欲しいと願ってます。時間が経てば組織がそこをカバーしてくれるのですが、今はまだ背中をみるとはっきりくっきりまるわかり〜なので。(何しろ元々2㎏しかないので、脂肪も薄くて(^^;))

とにかく、おしっこだけはしっかり出してあげたいです!!今日こそ!この次こそ!!

a0059555_12142365.jpg

ぶっちょな寝顔です(●´ω`●)ゞとほ。

a0059555_12145611.jpg

ご飯を食べ終えて、おしっこもして一応?さっぱり顔の風花。ちょっと眠くなってるかな??いや、違いますね。出ようとした所を「だめだめ。今は動いちゃいけないの」と押しとどめたため軽く不満げな顔になっているんですね(^^;)

本当はもっと可愛いのに〜!写真を撮ろうとドアを開けると出ようとしちゃうので(^^;)しつこくカメラを構え続けられません。やり直しはせず1〜2枚撮ってすぐにドアを閉めるので一発勝負なのであります(●´ω`●)ゞ
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2009-04-27 12:17 | 風花 下半身麻痺・リハビリ
<< 妹と大笑い。 | ページトップ | 風花退院(●^▽^●) >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析