Top
太尾さんのAC。
去年、太尾和子さんのACスキルアップ講座を受講しました。

それ以前に、はなのACをお願いしたのですが、お返事を頂く前にはなが亡くなり、その悲しみが癒える間もなくこっぺも亡くなってしまいACをして頂く心の余裕がなく、それでもいつかは絶対にお願いしたいと思いつつ過ごしていたのですが・・・。

やっと、お話しをして頂きたいと思えるようになり先日依頼をして今日セッションの内容が届きました。

最初の一文を見ただけで涙がこぼれ、そして読み進めていくうちに後から後から涙が流れ続けました。

深い深い愛情、そして以前からずっと一緒だった絆を教えてもらい、それだけでなく私とよっちゃんへ沢山のエールをくれました。

また会える。はなとこっぺからは、「愛してるよ〜!また一緒に暮らそうね〜!」という嬉しいメッセージをもらいました。私とよっちゃんとはなとこっぺは過去も、未来もまた会える縁なのだそうです。

何度も何度もはなとこっぺからのメッセージを読みました。その度に流れる涙はうれし涙。今彼らは幸せだと言う事。そしてはなとこっぺは一つのチームとなっていつも一緒にいると知った事。言葉一つ一つが胸に染みました。

彼女からのメッセージの中から少しだけ・・・。

「・・・私多くの時、2人を見てて、微笑んでいたの。 一緒にまた暮らせた事が嬉しかったの。そしていろんな良い想いでを作られた事なんかを色々と考えていたの。だから、辛く見えたかもしれないけど、私は微笑んでいた時の方が多かったの。また一緒に暮らせて、なんて幸せだったかと思っていたの。」

このメッセージは、最後の方では体が動かせずにいたことに対して私がもっと何か彼女のしたいことをしてあげられたのでは?と思っていた事へのメッセージだと思います。

そしてこっぺからは・・。

「はなと僕ははなが言った様に、1つの命みたいなの。だからいつも生まれも、死も一緒なの。そういう仲なの。そして、僕達とよっちゃん、ねーたんは近い関係なの。いつもどの時代にもお互いに
助け合う命なんだよね。だから、また僕達、よっちゃんとねーたんのところへ戻るからね。その時はまた宜しくね。」

というメッセージをもらいました。

はなとこっぺからのメッセージを受けることが出来て本当に良かったです。心にずっとあった塊のようなものがゆるゆると溶けたように感じました。

私が言ったり、想ったりする愛してるという気持ち。自分の中では目一杯、100%だと思っていますが、はなとこっぺの深い愛情はとてつもなく大きいです。目が眩むぐらいに。


a0059555_2023260.jpg

ある日のはなとこっぺ。寄り添ってお昼寝。日差しが暖かくていつまでもいつまでもこの時間が続けばいいと思ったある日。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2009-03-04 20:00 | アニマルコミュニケーション
<< つやつやの背中♪ | ページトップ | ( ̄‥ ̄)=3 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析