Top
ほんと元気。
この頃益々猫らしくなってきた風花。

身長?体長も伸びてダイニングの椅子に一発で飛び乗りその勢いでテーブルにもジャンプ出来るようになったり、爪研ぎで爪をばりばり磨いでダッシュでリビングを往復してみたり、赤ちゃんだった頃を思うと成長を感じる毎日です。

あまりのやんちゃっぷりに「もしや性別間違えて本当は男の子なのでは?」とおまたを確認しちゃうくらい(●´ω`●)ゞ

目もぱっちりしてきて愛らしさも増してきました。

でも、時折ふと「風花ってうちの子なんだよねぇ・・・?」という何か不思議な感じというか、しみじみしちゃう事があります。絶対的に我が家の一員なのにも関わらず彼女だけ空気感が違うとでも言ったらいいのかなぁ?もし仮に、本当に例えばの話、どなたかが突然現れて「実はこの子はうちの子なんです」と言われたら、そうなのかも・・?うちは一時預かりしてただけなのかも・・・?と思っちゃうような気がしないでもない・・・かも。なんて思ったりして。

と、馬鹿らしいことこの上ない事を書いてますが、風花の一挙手一投足を眺め、そしてなんのてらいもなく遊び疲れて私の膝の上に(それが例えどんなに寝心地が悪い体勢であっても)こてんと横たわり、あるいは丸くなって眠る姿は愛しいです。出会えて良かったな・・・と心からそう思います。彼女にとってこの場所が安住であること、ここで過ごせる事が彼女の安らぎであることを願っています。

多分、風花のあまりの無防備さに戸惑っている部分があるのかもしれません。今までの猫達との出会いは、つるをはじめとして全員(その中でなっつだけは違いましたが)人間を怖がり、信頼を築く時間を要していました。それだけに「撫でられた!」「お膝に乗ってくれた!」という一つ一つの事がもの凄く大きな事に感じられました。
なので、風花の人間なんてへいちゃらさ!という怖い物知らずで、物怖じしない様子に驚いちゃうのかも。そういう猫さんに強い憧れがあったのに、いざ手の届く所に来たら動揺しちゃってるなんて恥ずかしいですが(●´ω`●)ゞ

おちびの彼女と出会い、成長していく様を側で感じられる経験はきっと今の我が家(私)に必要なものなんじゃないかなと思ったりします。それを与えてくれた風花との出会いに感謝です。毎日が変化、毎日が新鮮って子供のいない我が家にとっては楽しく嬉しい驚きなんです。本当に(*^_^*)

この愛らしい小天使がすくすくと元気に成長してくれますように・・・。
a0059555_13164123.jpg

a0059555_13175390.jpg

よっちゃんと風花(^−^)
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2008-11-17 13:18 | 猫達
<< まねっこ( ̄m ̄) | ページトップ | 悪酔いする自分を自戒・・・ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析