Top
有意義でした(*^_^*)
今日は、太尾和子さんのAC講座に行きました。

太尾さんにACをお願いしたことは実は一度もないのですが、(正確にははなとお話しをしていただきたいとお願いをしたのですが、そのすぐ後亡くなってしまい、続いてこっぺ・・だったので、タイミングを逸してしまいました。亡くなった魂であってもお話しはしていただけるのはわかっていたのですが(*u_u))そのACが本当に素晴らしい物であるというのは、ローレン先生の同期のRさんから伺っていました。

アニマルコミュニケーションというのは、動物さんと共に暮らしている人が動物さんの声を聞きたい、何を思っているのか教えて欲しいという想いを具現化してくれる、素晴らしいものだと私自身動物と暮らしていて思う事です。

まだまだ練習練習のひよっこのアニマルコミュニケーターの卵の私なので、今はどうしてもモデルさん(のご家族の方)に「本当にお話をしたんだ」と思ってもらえるよう、そして、自分自身お話しが出来たんだという気持ちを持てるためにわかりやすい、表層的な質問をお願いしてしまいます。

でも。

アニマルコミュニケーションの醍醐味(という言葉でいいのかな?)は動物さん達の心、魂の大きさ、深さを教えてもらうことなんですね。きっと。何故私達と共に暮らすことを選んだのか?それによってお互いの学びは何か?思いも寄らないメッセージを伝えてくれる事で、私達の心により一層相手への理解と愛情が湧き起こるような・・。

とはいえ、身近な事も聞いてみたいのは人情でもありますね(●´ω`●)ゞ私自身自分がお願いする側に立つとつい「なっつはみーこの事どう思ってるの?」なーんて聞いてみたくなってしまいますから(^^;)

でも、ACはこちらの気持ちや要求を伝えるだけのものとして利用するのはもったいないかもしれないです。人間同士だって「○○するのは私にとって困るからやめて欲しい」「何故○○するの?」と一方的に言われてもちょっと困ってしまいますものね。やっぱり、相互理解、どちらが上、下じゃない同じ魂を持つもの同士としてのお話しが出来るのが一番いいのではないかな?と感じています。

素晴らしいアニマルコミュニケーターの方々を知ることが出来て、その方、その方の考え方やそれに伴っての方法論などを学ぶ機会を得られ、まだまだ道は遠いなぁと思いつつ、でも○○さんのコピー?みたいじゃない自分のACを見つけられたらいいな・・・。なーんて(●´ω`●)ゞ言ってみたりして。でも、今沢山の方がアニマルコミュニケーターとして活躍されてますものね。合う合わないはきっとあると思います。私も含めて、その方々の心や感情が反映されたACなのは当然だという意味のお話を仰っていました。(それは、お話しした事実を曲げるとかそういう意味ではなくお話の内容のフォーカスされる部分がそれぞれ異なるという意味です)私自身も、友人とのおしゃべりでその相手によって興味がある話や、共通の話をしたりしますし♪

今回の講座でのお話しはシェアして構わないという太尾さんからのご了解がありましたので、書きました(*^_^*)本当に、また一つ心に深い感銘と学びを得ることが出来ました。来年は2泊3日で是非!とか、受講したみんなと盛り上がったりしたくらい、素敵な時間を持てたことに沢山の感謝です\(^o^)/

a0059555_11513299.jpg

夜になるとテーブルの下にひょっこり現れる?かのこです。昼間も来ればいいのにな。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2008-11-15 11:05 | アニマルコミュニケーション
<< 悪酔いする自分を自戒・・・ | ページトップ | 何だか温かいの。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析