Top
往診してくれる先生(●^▽^●)
風花が来てはや3日。

保護した初日に診て頂いたのは、時間も迫っていたので近所の初めて行く動物病院でした。

以前からつるたちとの出会いを下さったKさんから「往診優先の動物病院が出来たのよ。猫達になるべくストレスがかからないようにとそういう方針になさったみたいよ。何でも話せるいい先生よ」と伺っていたのを思いだし、今回その先生に診て頂く事にしました。

風花、鼻気管支炎と診断され結膜炎のため点眼中。
a0059555_13394358.jpg

蚤確認中。
a0059555_13401016.jpg

聴診器を当てられてる風花。
a0059555_13403727.jpg


こんな感じで診察をして頂きました(^−^)

病院まで行く時間や、待つ時間を考えると猫の負担は軽いのではないかな?と思います。もちろん重篤な病気の場合はまた違うかも知れませんが、でもワクチンやちょっと気になるけど、病院に行くのが苦手な猫のストレスを思うと・・・・という場合にはすごく有難いなと思いました。

風花も「はて?なにするの?」と仔猫ならではの自然体であっという間に診察と治療が終わりました。仔猫さんって病院に行くとしてもそんなに怖がらないかも知れませんが、つるやなっつは気が楽なんじゃないかなぁ?

異常に病院を怖がるなっつや、抱っこしてキャリーに入れられないみーこやかのこがいる我が家。これからもお世話になるつもりです。

神奈川県相模原にある病院ですが、横浜の方にも往診に行くそうです。どこまでが往診可能か聞きそびれてしまいましたが(というか、先生がどこまででも♪と仰るの)お勧めです(●^▽^●)往診料は同じ市内だったからかもしれないですが、1000円でした。カルテを作るにあたり生後1ヶ月と言われて誕生日を8月31日に決めました。

風花が来てから、猫達は当然ながら面白くありません。それはそうですよね。「誰?」「なんであたしたちのリビングにいるわけ?」と思うのは当然です。ケージ内でミーミー言う風花を遠巻きに睨んでます(*u_u)うちは誰もお母さん的役割をしてくれる子がいません・・・。こっぺがいたらね・・・風花もあたたかい温もりに触れて安心できるだろうな・・。

今回は突発的な事で猫達には申し訳ないです。なるべく彼らのストレスにならないよう(すでになってはいるのですが・・・)頑張りたいと思ってます。

でも、実は私は子供時代から猫と暮らしていましたがこんなにちびちびと暮らすのは初めてです。本当にあまりに小さくて子育てっぽい事をおろおろしながらやってます。神経質にならないようにとアドバイスを受けたのに、神経質になってるらしく、友人に電話するたび笑われてます(;^ω^)手のひらサイズの命だと思うと自分の判断が誤ったら大変!ってついつい考えちゃうのですねぇ。もっとゆったりしないと。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2008-09-30 14:07 | 猫達
<< ペット用つや出しブラシ♪ | ページトップ | ニューメンバー登場(●´ω`●)ゞ >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析