Top
はな(^-^)
a0059555_21181883.jpg


猫の肖像画館の葛西のご隠居様に描いて頂いたはなです(*^_^*)

ある方のご好意ではなの肖像画をお願いする機会を頂きました。

こっぺの亡くなった翌日絵の完成のご連絡を頂き、昨日その原画が我が家に届きました。

(スキャンしたので、原画と少し色合いが違ってるかもしれません。)

手に取ると、本当に美しいはながそこにいました。よっちゃんと2人でただただその絵を見つめてました。

この肖像画のポストカードまで作ってくださり、本当にこの機会を頂けた事に深い深い感謝です。

はーちゃん綺麗だね(^-^)彼女の内面が現れてるような、素敵な素敵な絵です。

葛西のご隠居様、そしてその機会を下さった方、本当にありがとうございました。
大切に大切にします。






今、毎日起きてご飯も食べるし、用事があれば出掛けるし、掃除もするし、テレビを見て笑ったりもする。普通の毎日です。

それが当たり前なんだけど、でもそのなんでもない事が私のゆるゆるした液体のような、固まりかけのゼリーのような心を支えてくれてる気がします。しっかりとした箱のように。

それがなくなったら私は崩れちゃう。ぐにゃりとお皿に広がるゼリーだもの。今の私は。

ローレン先生のACセミナーの同期の方から猫の神様という本を贈っていただいた。以前、その方も最愛の猫さんを病気で亡くされた時、自身で選んで購入して読まれたとメールに書いてあった。思いがけない温かいプレゼント。

ある男性が家族とも同士とも思っていた2匹の猫さんとの別れを綴った本。

私は弱い人間だから、本を開くのが怖かった。

でも、読んだ。そして、まだ自分の中のこっぺとはなの闘病の日々がくっきり記憶されていて、本の中の事と重なってしまい涙がボロボロでちゃった。

その本は本当に男性だからかな?とても自然でその日々を書いている。飄々と・・というか、大きい感情のうねりというものじゃなく。でも、本当に本当にその子達を守る、命をつなげたい、諦めないという深い深い愛情が深々と伝わる素敵な本。

でも、今の私にはちょっと苦しかった。ご好意で贈ってくださったのに苦しいなんて失礼だね。そう思う。感謝の気持ちとないまぜ。でも、きっといっぱい泣く事のきっかけを下さったんだね。本当にいっぱい泣いちゃったもの。・゜゜(>_<)゜゜・。Rさん、ありがとう。

今「愛唄」と「そばにいるね」が私のテーマソング?で、何十回もぐるぐる聞いてます。
昨日、高江洲先生の同期のYさんから「アンパンマンのテーマ」の詩をメールで頂きました。本当、アンパンマン侮れないね(*^_^*)本当にいい詩だもの。Yさんの温かいお気持ちにまた泣く私。泣き過ぎだね(^^;)

a0059555_2155713.jpg

僕がいるじゃない。と、つるの声が聞こえそう(^-^)

夜ご飯は、よっちゃんがとろろそばを作ってくれた。よっちゃんだって想いは同じなのに甘えてばかりだと反省・・・。でも美味しかった。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2008-04-24 21:57 | 猫達
<< ちょっとはまりそう(^-^) | ページトップ | ハート >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析