Top
変化について。つるの場合。
最近、自分自身が慌しくて皆さんのブログや、日記を拝見しているものの
中々コメントや掲示板にお邪魔できず、すみません・・・。落ち着いたら是非是非また
お邪魔しますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(__)m

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自分でレメディのカウンセリングをしているのに最近そういえばレメディをにゃんず達に
使っていないなぁとある方からのメールで気づいた。勿論使う必要がなければ使わなくて
いいものなのだけど、実際はどうだろうか?。
そんな風に思って数日、これはやっぱり使うべきかもね・・と思うことがあった。

この日の午後、少しだけだけどみやまろさんがいらしていて、つるの様子をしっかりと
見てくださっているので、みやまろさんは「うんうん」とわかると思うけど、つるのアピールが
結構しつこい、かつ寂しげだった。とは言え、こんな風にアピールするのは今日に始まった
事ではないのだけど、この数日それが頻繁に思えていた。

例えばこう。
ご飯の入っている所をうろつき私に鳴いて訴える。(その目は独特の何かを訴えてる!風)
本当の気持ちはご飯!というより構ってほしいという感じ。
じゃあ、抱っこね。と抱っこをしても逃げ出しちゃう。(甘えたいけど・・でも・・みたいな
雰囲気)そして、うろうろと落ち着かずあさっての方向を見てないて見たりする。

こんな状態。

じゃあ、どんなレメディを使おうか?と考えた。
私自身の環境の変化で落ち着かないかもしれない。→ウォルナット
何か不安な気持ちがあってなきやまない?→ホワイトチェストナット

うん、それも選択肢のひとつ。でも、今回は、チコリーとミムラスを選んだ。
私を独り占めしたい感情、甘えたい気持ちが強い状態にチコリー。そして
彼の寂しげというか、何か訴えたいものが、私に対しての不安感という感じが
見ていてしたから。その不安は「いつものママと違うけど・・どうしちゃったの?」
という事かもしれないし、「どうして僕をもっと見てくれないの・・?僕に原因があるの?」
かもしれないけれど、兎に角、目の表情がとてもとても印象的だったのだ。

この2つを早速トリートメントボトルに入れてそこから4滴、手の平にのせてつるの
顔の前に差し出してみた。が、やっぱり残念なことになめてくれない。しかたないので、
鼻の頭にちょんとひと塗り、そしてお腹に撫でつけた。

で、ここからなのだけど、本当にそれをして1分もしないうちに変化が現れた。
それまで、「うーなー!」「うーなー!」とうろうろしていたのが、本当にぴたりと
なくなり、そしてフローリングにペタリと座ってしまった。勿論、私はレメディの効果を信じている
からこそ、カウンセリングもしているのだけど、この早い変化に改めて驚いてしまった。

よっちゃんも側にいたので2人で「ちょっと・・今のこの変わり身見たよね?」「うん、見た。
全然なかないね」と顔を見合わせてしまったくらい。
「あ~、こんなにはっきりと変化が現れたなら動画に撮って置けばよかった~(><;)
動画でも充分伝わったよね~!!」とくやしがる私。

その後再び4滴を肉球やお腹につけてその日は3時間くらいの間に3回。翌日はご飯に
混ぜて1回。彼は変わらずなかないしうろうろしなくなってます。しかも、パソコンに私が
座るとこの数日はうろうろして、ないて、抱っこも嫌で・・だったのが、私の膝でこてんと
なり、そのまま数十分寝てしまいました。







レメディの効果には個体差があるという事。
これは、つると多分似た性格のももりんの家族であるてんてんに以前、レスキューをした時に
感じだのだけど、その時も私達の存在に怯えて食器棚の裏に隠れてしまった時に上から
レスキューを垂らした際にも、その効果の早さに驚いた事があった。効果と言っても、明らかに
怯えた様子だったのがレスキューを垂らして数秒後に「ふにゃ~・・・」と声を上げ彼の様子が
落ち着いたのを感じただけだけど、でもとても驚いた。

実際、こっぺの自傷行為の際はレメディを1週間近く続けて少しづつ変化が現れた。かのこの
発情の際も2日位の時間差はあった。と、考えると、やっぱり感情の度合いや、感受性でも
効果の出方は違うのだろうな・・・と思う。

そして、実はもう一つ。これは、そのつるの変化の際によっちゃんに「カウンセリングをして効果が中々現れない子がいるのはどうしてだろう?」と話した事に関係?があるのだけど・・。

動物達にレメディを使いたい!と思い、「じゃあ、どれを?」となると基本的には彼らの言葉
でなく、表情や、動作、状況などを自分なりに解釈したり、実際現れてる状況を見る、と
いう事になる。そして、カウンセリングなどをする事になると、その状況を私が聞かせて頂く。
その過程でもしかしたら、私自身が聞き漏らしている事もあるだろうし、もしかしたら、人間
の方で、状況だけに囚われてしまっていることもあるかもしれない。

間違ってはいないかもしれないけど、ポイントがずれてしまっているのかもしれない。

これは、あくまで例として・・。
「ある保護主さんから●●を家族として迎え入れてからも、彼は慣れてくれないし、
外ばかり見ています。」
という、ご依頼があったとして・・。
人間側は『何か不満があるのかしら?』『さびそうで可哀想でも、どうして鳴いてばかりいるの?』という気持ちで見てしまっているとすると、選ぶレメディは、例えばウォルナットや
ハニーサックル、ミムラスもそうかもしれない。でも、本当は、「退屈で外ばかり見てる」
だったり、「居心地がいいけど、まだ人はちょっと怖いの」かもしれない。そうすると
選ぶレメディはおのずと変わってくる。

そして、動物のみならず自分自身も飲んでみるというのも本当にいいことだと思う。
上記の例だと「どうしてこんなに可愛いと思っているのに、慣れてくれないの?」
というのがポイント。誰でもそうだけど、自分の思いが伝わらないのでは?と思う気持ちは
ある。でもそれが強すぎるとやはりあまりよい影響はないと思う。そういう
気持ちがある時は『チコリー』がやっぱりメインレメディとなるだろう・・と思う。

もし、レメディを使いたいなと思われてる方は、一旦自分の心を白紙に戻して
そして彼らを見るといいかな・・と思います。そして、普段の彼らとの違いを見て見てください。

私自身も今回改めていろいろと感じる事が出来ました。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2005-11-07 19:56 | 日常 食
<< びっくりした! | ページトップ | おかしいな・・。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析