Top
重さに耐えられる・・?
a0059555_1051292.jpg


昨夜のかのこです(^^)最近すっかりこの場所がお気に入りのようでここにいる頻度は結構高くなっています。

見てるとどら焼きを思い出すようなそのフォルム・・( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ上手い具合に収まっていますね。

でも遠目から見ると・・・。

a0059555_10524136.jpg


なんとなくしなってるようにも見えなくはない・・?(笑)キャットタワー大丈夫でしょうか?こんな風にカメラに収めることは出来るけど、可愛いから撫でちゃおう!と思って近づくとぴょん!と逃げちゃいます(涙)

人慣れしていない猫達と暮らす方はよくご存じかと思いますが、本当に彼女達にとって「ここまでは来てもいいよ!」という見えないバリアが張ってあるんですよね(;-_-)=3

a0059555_10545328.jpg

a0059555_1055250.jpg


こちらは姉妹猫のみーちゃん(#^_^#)彼女も同様に見えないバリアが主によっちゃんには張り巡らされています。どうしてでしょうね・・。よっちゃんも最近は諦めモードです。本当にね、もの凄いダッシュで逃げちゃいますから。

でも私には撫でてアピールをするようになって大分経ちます。自分からは決してすりっとしたりはしないけど、かなり近くまで来てなでなでをして欲しそうな空気を出したりして。くしゃくしゃと頭を撫でているとごろんとなり喉を鳴らしたり、私の手をペロペロと舐めてすりっとしたりと本当は甘えん坊なんだろうな・・というのが伝わってきます。

もっといっぱい甘えていいんだけどな。でもかなりの進歩と言えば進歩なのかもしれないし・・。これからも元気に過ごしていつかはお膝に乗ってくれたら・・と淡い期待を持ちつつ、今日も手を伸ばして撫でています( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ






この数ヶ月、なんだかある特定の感情だけが突出したような結構自分でもどうしたものか・・とその感情を持て余すような、結構自分的にはハードな時を過ごしたように思います。あ、でもまだ更年期とかそっち方面ではないとは思うんですが(^^;)でもちょいリアルだな・・。そんな事がジョークになる年齢はは越えちゃってるかもしれないし( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

ある意味嵐の中にいたような・・(苦笑)自分なりにあーでもない、こーでもないとなんとか嵐を上手にかわそうと思ったりもしたけど、まあそんなにうまいこと行くはずもなく(-_-;)

でも、つい先日かなりどかんと起こった(というか自分で起こした?)出来事を経験してなんだか心に変化が・・。

例えるなら憑き物が落ちたような気分?・・・でいいのかな?でもそれが一番近い感じかな・・。言葉にするとそんなイメージ。

自分ってこんな人間だったんだとか、こんな風に思ってたんだとか、深く考えたわけではないけどいろいろ知ることが出来たみたいで。

本当は、あまりいろんな感情が湧き起こるのは私は苦手です。モットーは川の流れのようにというか、さらさらと寄り道もせず自然と流れていく川のような心持ちでいたいと思っているので、途中で障害物があったり逆流したり、強い雨で水が濁ったりするような毎日はまったく想定外(^^;)

だからこんなはずじゃないのにと苦しかったりしたんだけど。

なんとなく、今は冷静にというか・・落ち着きが取り戻せたような気がしてます。あくまで気がしてるだけなんだけど( ̄∇ ̄*)ゞエヘヘ

でもそういう自分に戻れてちょっとホッとしてます。ううん。心底ホッとしちゃった。私はやっぱり嵐に立ち向かうような、まるで小説の嵐が丘の登場人物のような激しい感情をぶつけ合うのは苦手だなと改めて気づいちゃった。

もっと大切だと思う事を最優先にしよう。それはきっと私にとってとっても必要な事。
[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2010-03-31 11:16 | 猫達
<< 遊ぶ風花。 | ページトップ | お花見・・かな。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析