Top
甘えん坊だよね。
今朝は足が攣って目が覚めました(>_<)あ〜本当にこういう風に目が覚めるのは嫌ですね〜。6時ちょっと前だったけど、そのままリビングへ降りてハーブティを入れて飲みつつ、ぼんやりと時間を過ごしました。

みんなのご飯を用意したあとに私達の朝ご飯タイム。コーヒーを入れてキッチンカウンターで飲む事が多いのだけど、つー君が遠くで私をじーっと見ています。

よっちゃんが、「つー君、ママの所へ来ればいいじゃない。抱っこしてもらいなさい〜」と声をかけてもひたすらじーーーっと見つめてます。

私が「つー君、おいで。抱っこするから来ていいよ」と言うと、しばし考えた後のそのそとやってきて私のお膝にジャンプ。

朝の時間はなんとなくせわしないし、ついつい抱っこをねだられると困ったな・・なんて思っちゃうんだけど、抱っこ不足だったのかな?つかの間の2人だけの時間を過ごしました。
私の腕に自分の手をからませて、顔を私のお腹にぎゅっと押しつけてそれはそれはぴったりくっついて眠るんです。あ。寝てないのかな?どうなんだろう。手をずらそうとすると「だめ!」と言わんばかりにぎゅっと力を込めてくるから寝てないのかな。

うちの子達はみんなお外の生活を経験した子ばかり。基本的に生体販売には反対の立場な事もあるけど、縁があったって事でしょうね。そういう経験をした子達と。

野良で成猫は慣れないとかよく聞く言葉だけど、もう本当にそんなことはぜんぜんないと思います。みーことかのこは確かに未だに人に対して距離をとても置くけど、タイミングが合えば撫でられるし、みーこなんてその時の甘えっぷりと言ったらもうすごいですし。ただ怖い気持ちが勝ってしまって一歩踏み出せないだけなんです。

私がつー君と出会って一番最初に通った動物病院で勤務していたY先生。なつの乳腺癌の時には本当に彼女を大事にフォローしてくれていました。

それから、引っ越しをしたりいろいろあってその病院との縁は切れてしまいましたが、Y先生とは本当にほそーくながーくご縁が続いてます。

風花の事故後も、我が家にお見舞いに来てくれました。直接先生にうちの子達をしっかりと診て頂いていた訳じゃないのにね。本当に縁って不思議です。

その先生のblogを読むと、本当に動物たちを大切に想っているのが伝わります。今春いよいよ開業すると聞き、あ〜良かったな〜と心から思いました。勤務医と違って自分の病院だもの。先生の考えで動物たちと関われるんだものね。大変な事も多いと思うけど本当に頑張ってねって思います。

私達が望むことは、動物を愛して思いやってくれる事。私達がなぜ?どうして?と思う事にきちんと向き合ってくれること。Y先生はきっとそのどちらも叶えてくれる先生じゃないかな。

先生と出会った動物たちが、沢山の幸せを見つけられますように・・。

Y先生のblogはこちらです。
良かったら是非ご覧下さい(^^)「外ネコさんに優しい動物病院をつくろう!」です。

a0059555_12344037.jpg

[PR]
Top▲ | by kikumarucats | 2010-02-21 12:34 | 猫達
<< 鍼灸70回目 | ページトップ | うーん。PCに向かえないよ。 >>
"basic photo wt" Skin
by Animal Skin
ASPアクセス解析